Knowledge for WordPress

Knowledge for Google Products

2017年10月19日木曜日

【備忘録】 Mac で Windows のアプリを動かしちゃえ

X-Window System を使うのでフォントなどが汚いため実用的ではないと思います。
とはいえ、ちょっと Mac で Windows アプリの設定をみてみたいなどの場合には十分かなと思います。もっとも筆者は Parallels Desktop に Windows 7 と 8.1 をインストールしているので、必要なかったりはするんですけどね。

MacBookPro の macOS High Sierra (10.13)で動作検証しました。

1. XQuartz のインストール


macOS の X-Windows System の1つです。


2. Xcode のインストール


macOS の開発ツールです。
Mac App Store(Appleメニュー)で「Xcode」を検索して、インストールしてください。結構時間かかると思います。

3. WineHQのインストール


https://dl.winehq.org/wine-builds/macosx/download.html
より、 Installer for "Wine Stable" をダウンロードしてインストールします。

4. WineHQ の起動


アプリケションフォルダに、Wine Statbleアプリ(下図)がありますので、これを開きます。

すると WineHQに必要な設定がされた ターミナルが起動します。
これでインストールは完了です。

WineHQ の削除方法


https://wiki.winehq.org/MacOS
のUninstalling Wine の項目を参考にしてみてください。

Internet Explorer 8 (Windows)を起動してみよう!


WinHQ 2.0.2 には Internet Explorer 8が内包してます。

Win Stableアプリを開くと出て来るターミナルにて

wine iexporer.exe 

とタイプすると起動するはずですよ!

最初から入っているアプリってなに?


ターミナルより、
cd "$HOME/.wine/drive_c/Program Files"
open .
をタイプしてみよう。

Windows Media Player フォルダ = wmplayer.exe
Windows NTフォルダ内 = nordpad.exe

がありますね。
それぞれ

wine wmplayer.exe
wine notepad.exe

で起動できます。

Becky! Internet メールを起動してみよう


  1. ソフトのダウンロード(シェアウェア)
  2. Wine Statbleアプリを起動し、出てきたターミナルからダウンロードフォルダに移動
    cd $HOME/Downloads とか
  3. wine bk27400j.exe
    のようにインストーラーを wine で起動してインストール
  4. cd "$HOME/.wine/drive_c/Program Files/RimArts/B2" に移動した上で
    wine B2.exe
とはいえ、
fixme:secur32:schan_get_cipher_algid Don't know CALG for encryption algorithm 2, returning 0
のように暗号化関係のライブラリが対応していないので、Gmailの受信(IMAP)はできず。残念。

まぁちょっと遊ぶには面白んじゃないかと思います。

2017年10月19日 @kimipooh



2017年10月1日日曜日

Google Top Contributor Summit 2017 (シンガポール)に参加して #tcsummit

過去二回招待されていて、今回で3度目になります。

  1. Googleトップレベルユーザーサミット2013に参加して(遅いよ ^^;)
  2. Google Top Contributor Summit 2015 に参加して #tcsummit

これまではサンフランシスコ(アメリカ)にある Google本社(マウンテンビュー)に招待されていましたが、今回はいくつかの地域に分けての開催になります。筆者はシンガポールに招待されました。アメリカにいけないのは残念ですが、シンガポールも初めていくので楽しみでした。

今回も MK タクシーを利用しましたが、初めての女性ドライバー、しかも若くて美人だ!
また同乗者は筆者を含めて7名とともに関空へ向かうらしい。
あれ・・・、筆者以外全員女性だ、ドライバーも含めて @@!!
まぁだからどうしたってわけでもないですけどね。

Google からサミット動画が公開!




SIMロックフリー の b-モバイル Wi-Fi ルーターに国内外で利用できる SIMを差す!


今回、フォートラベルの Global Wifi を結構前に契約してました。のでそれを使えばいいのですが、同じくサミットに行く人からの情報で、Amazon に SIM が売っているとのこと。手持ちの SIMロックフリーの b-モバイルの Wi-Fi ルーターがあるので試してみることにしました。

確かに使えそうですね。7日間なので、出発日に有効にすれば問題なく全日程使えます。
日本でも使えるので、日本で動作確認できるのもナイス!しかも 1,450円なら、現地空港などでSIMを購入するのと大差なさそうな感じです。




とまぁきたので、b-モバイルルータを開け、SIMを交換して電源をいれた後に、b-モバイルルーターにログインして APN設定を追加しておきます。

これでいつもの通りの使い方ができるということです。実際に使えました。
もちろん4GB制限があるので、日本では 従来の SIMを使うことにします。SIMを元のやつに差し替えて、APAN設定を元のヤツに変更します。SIM変更は、空港のゲートあたりでやったほうがよさげですね。

なお フォートラベルの Global Wifi  は保証込みで 7,308円 でした。
現地の SIM 価格次第ですが、Amazon で購入できる SIM が1,450円なら、現地空港などで買う手間を省けるのでいい感じかなと思います。

これで問題なく使えるなら、次回からこの b-モバイルルータだけで事足りますね。
※実際に問題なく使えました!!ただ Global Wifiが一日の制限 500MB を超過して何故だとおもったら、Googleフォトのバックアップ機能のせいでした。観光すると当然写真や動画を大量にとるわけですが、そうなるとあっという間ですね... (^^; ホテルのWi-fiに接続するまではオフにしておくのがよさそうです。

関西国際空港にて


予定通り空港につき、チェックインしたのですが、うっかりアプリによるオンラインチェックインするの忘れて、列に並んでしまいました。気づいたのはもうすぐ順番になるとき。オンラインチェックインしておけば、インターネット予約の列にいけばいい(誰も並んでない)のでスイスイとチェックインできます。まぁすべてがやっているサービスではないですが、シンガポール航空はしてました。

あとゲート前に充電できるスペースがあるので、それも活用できます。
一番いいのは関空が提供してる無料 Wi-Fiがメチャクチャ快適で高速だということ (^^;

機内にて




機内食、いつも味が濃かったりして少し残したりしていたのですが、今回は結構あっさりした味だったので完食しました。魚の方を選びました。外の景色をみるのが好きなので、座席は窓側を選びました。ガラスの板に雲が乗っているような風景は、その時々で変わるのでいつみてもいいですね!

チャンギ国際空港に降り立つ


入国審査はガラガラでした。審査もあっさり終わって「アレ終わった?」ぐらいな感覚でした。ターミナル3で、右手にマクドナルドがあり、左手に両替とその先にSIMが売っていました。

※筆者は忘れましたが、空港のインフォメーションで シンガポールの市内各所で利用できる公衆 Wi-Fi 「Wireless@SG」のIDとパスワードをもらっておくと便利です。

まず何はともあれ両替です。この日のレートは、1176円 / 100 Sドルでした。大体 85円/Sドルですね。2万円両替して、235.2 Sドル。
電話も可能なSIMは、32 Sドルと50 Sドルの二種類があるということで、32 Sドルの方にしました。他にも店があったかもしれませんが、申し込んだツアーのリコンファームを営業時間終了の17時までに連絡しなきゃならなかったので購入しました。初めて Windows 10 Moble を持っていきましたが、店員さんにアクティベーション全部やってもらいました。言語を英語にしておいたのがよかったのでしょうね。そして早速リコンファームした(16時57分というギリギリのタイミング)のに、「えっ、なんで電話してきたの?」みたな態度を取られ、リコンファームしないとダメって申し込んだ用紙に書いてあるからやったのにと「イラ!!」としましたが、そこを抑えながらなんとか対応。これって電話しなくてもよかったんじゃ、、、って対応でした。。

※マクドナルドなど無料Wi-fiを利用するのに SMSが必要です。
とはいえ今回はホテルに貸出用スマホ(デフォルト中国語)があるので、わざわざスマホ用SIMはホテルによっては不要だなと思いました。筆者はツアー会社へのリコンファームで必要だったのですけどね。

MRT(電車)でホテルへ






最初はスーツケース大変だからタクシーで行こうかなぁと思っていたのですが、いろいろ調べると駅からホテルまで近そうだし、MRTでいくことにしました。みんなチケットオフィスで並んでいたので、なんとなく並んだのですが、「通常チケット(Standard Ticket)は券売機使え」って言われてしまいまいした (^^;。 Changi Airport > Tanjong Pagar まで 2.4 Sドル。Standard Ticket は6回使えると書かれてましたが、チャージしてつかいます。最初に 0.1 Sドルをデポジットでとられます。3回目に戻ります。

Tanjong Pagar 駅についたら、 Anson Road に向かっていきます。
M Hotel Singapore は Dの出口です。途中階段があります。



D出口をでたら下の左側写真のようにそのまま2〜3ブロックぐらいいくと、M Hotel Singapore と Cafe2000の看板がみえてくるはず!




M Hotel Singapore


さすがにそれなりに高いホテルだけあって、部屋広いです。
一人では使いきれませぬ。Wi-Fi は wireless@m-hotel に接続し、Web認証でホテルから教えてもらったものを入力します。public@m-hotel もあるので注意。

シャワールームと浴槽の2つがあります。
備品としてないのが、ヘアブラシとひげ剃り。それらは持っていくのがよいでしょう。
なければムスタファセンターでも購入できます。
このホテルでは電源の差口がマルチ対応になっていて、日本のものもそのままさせます。もちろんシンガポールの電圧に対応しているものだけですけどね。
あと水も2つ無料のものがおいてあります。
また部屋に無料のスマホがおいてあります。これは宿泊中自由に使えますね!






観光一日目(9月24日)



朝8時10分集合の JHC の 市内半日観光ツアー(日本語ガイド付き)に参加しました。
ベイフロント駅から出て「出口C」から出て、左手にセブンイレブンを見ながら少しいくと右手に「コーチターミナル」の標識があります。そこのエレベータを上がった右手側がコーチターミナルになります。

それぞれの場所は、TripeAdviser と Google ローカルガイドに掲載したので気になればご参照ください。なお今回、ツアーでは シンガポール植物園は入らない予定だったのですが前日の雨による倒木で、シンガポール国立蘭園の入り口が封鎖されていたため、植物園に入り、そこ経由で蘭園に入れたのがラッキーでした。

ガイドがいろいろしゃべってくれているのを聞いていると、シンガポールの面積って淡路島ぐらいなのですってね。でも人口は 560万人とのこと。シンガポールのサラリーマンの平均月収は3000〜3500 Sドル(30万円ぐらい)だそうだ。物価は日本の半分ぐらいだそうで、中級家庭では1名の住み込みメイドを置いていて夫婦共働きが一般的だということ。人手不足で好景気みたいですね。日曜日はメイドの休日だそうで、日曜日になるとシンガポール中のメイドさんがお金の掛からない公園に集結して楽しむらしい。まさに日曜日だったので、公園で大勢の女性が集まっているのをみることができました。

それとあんまりバイクを見かけませんでしたね。

  1. シンガポール植物園Singapore Botanic Gardens
    新鮮な空気を堪能しながら鑑賞しよう!
    (TripAdviser)
  2. シンガポール国立蘭園National Orchid Garden
    - 自撮りに最適な場所です!(TripAdviser)
  3. シンガポール・フライヤーSingapore Flyer
    - 全体を一望できる(TripAdviser)
  4. サンテック シティモールSuntec City Mallの噴水!
     右手で噴水を触れながら時計回りに3度回ると幸福が訪れるらしい。
    - 噴水は是非!(TripAdviser)
  5. マーライオン公園(マーライオン)Merlion Park
    - 定番ですね(TripAdviser)
  6. 昼食(パークロイヤルホテル2F の中華)
  7. 免税店(オーチャード駅北側の Tギャラリア)で解散

昼食は、パークロイヤルホテル 2F の中華でした。飲茶の入れ方が面白いですね、やかんの先が2m ぐらいあってビリヤードみたいな格好をして注がれていきます。いろいろな花がういてますが、甘くてホットする味ですね。料理も美味しかったです。



免税店は高級品ばかりなので、一応一通り見てなら出ました。
小物のお土産、はオーチャードのラッキープラザと、リトルインディアのムスタファセンターあたりで事足りそうですね。

  • ラッキープラザLucky Plaza
    - ばらまき用の小物はここで(TripAdviser)
  • メリッサ(マンダリンギャラリー 4F)
     店員さんが全員流暢な日本語で話しかけてくれます。客もほぼ日本人。日本人好みの品が結構あるので、是非見に行ってみてはと思います。
  • 味香園甜品
    - 休息がてらよってみては(TripAdviser)
     定番のマンゴー&ストロベリースノーアイスは、ふわふわのパウダースノーのような食感で美味しかったです。デカイな!と思いましたが、それほどの分量ではありませんでした。

観光二日目(9月25日)


本日は月曜日。
昨日の疲れもあって、朝7時起床、9時ぐらいにホテルを出ました。
MRT駅で小銭なーい〜ってことで、せっかくなので駅のカフェでエスプレッソを堪能しました。基本的に電車は20セント〜5 Sドルまでしか使えないのですよね。10 Sドルは確か 6 Sドル以上じゃないと使えなかったと思います。のでコンビニや食事の際に 50 Sドル紙幣なんか積極的に出して小銭にくずしてしておくのがよいかなと思います。

本日の予定は、
マリーナベイサンズ〜ヘックスブリッジ〜ラッフルズシティ〜リトルインディア〜(ホテルで荷物をおろして)〜クラークキーという行程ですね。

タイガーバーム、石鹸、リップクリームかうなら、ムスタファセンターだよね!っていうブログをみて、急遽リトルインディアにあるムスタファセンターを訪れることに。最初の予定にはなかったですが、こういうのはブラっと自由に散策した場合の醍醐味ですね!

  1. ヘリックス・ブリッジThe Helix Bridge
     - 写真撮影のベストスポット(TripAdviser)
  2. ラッフルズシティ ショッピングセンターRaffles City
     - 昼の休憩にどーぞ!(TripAdviser)
  3. スリ・ヴィラマカリアマン寺院Sri Veeramakaliamman Temple
    結婚式の写真撮影に遭遇(TripAdviser)
    リトルインディア駅から「出口E」にでると近いです。今回、寺院内部には入れませんでしたが、運良くインド結婚式の写真撮影に遭遇することができました!
  4. ムスタファ・センターMustafa Centre
    - お土産ものはここで大人買いを!(TripAdviser)
    ビックリの安い値段でいろいろな雑貨を扱っています。
    筆者はヘアブラシをここでゲットしました(ホテルの備品になかったので)
  5. クラークキーClarke Quay
    - 夜景を見ながら夕食が最高!(TripAdviser)

クラークキーは、マリーナベイサンズホテルのネオン同様、とても夜景が綺麗です!
是非時間があればクラークキーで夕食を食べてみてはと思います。MRTの B出口をでてすぐなので分かりやすいですよ!


筆者は川べりのレストランで夕食を食べました。さすがにこういう観光地は高い(上記、海鮮盛り合わせは、46 Sドル)ですが、ボリュームもあり、何より夜景をゆったりと楽しむには最適です!

本番前夜!(9月26 日)



 

今日からが Google イベントの初日です。
とはいえ本日は登録とレセプションがメインですので、実質はまだ観光気分ではありますね。

本番!(9月27日〜28日)






Google アジアパフィシックセンターでの開催となりました。
早速、足跡を残すべく中にあったレゴを使ってニックネーム「Kimipooh」をかんせいとうっぽいスペースに刻んできました!みえるかな?

 

下の左側はラクサです。かなり辛かったです >_<


 

記念品には、Chromecast と micro-USB -- USB-C変換アダプタ付きのUSB 充電器が!
これは家に帰ったら使ってみねば!



オフィスツアーもありました!



これ角度によって文字が違うのですね!

 

上の写真は、オフィスのベランダです。かなり広いスペースにいろいろ植えてあります。実がなっているものもあり、そこで作業やミーティングができるスペースもあります。ベランダも数か所ありますね。

ベランダの風景: https://photos.app.goo.gl/g0CednHPGGHlAzbN2(360度カメラ)


 

Googleならではの遊びの要素も満載です。
ジムやネイルサロン、ゲーム機やビリヤード、卓球台などいろいろ自由にできるようになってますねぇ。

内容については残念ながら秘密保持契約(NDA)のためお伝えできません。
その様子は、Google TC Program 公式 Twitter( https://twitter.com/GoogleTCProgram )
 で伝えられています。
前回のような感じであれば、YouTubeなども含めて公式チャンネルで様子は伝えられていくと思います。


サミットの風景:
https://twitter.com/GoogleTCProgram/status/912886611095969794

夜景の素晴らしい Lantern で交流会!


 短いですが交流会の雰囲気は伝わってくると思います!



上が、シンガポール・スリングというカクテルです!



実は知らずに個人的に 25日に予約してたのですが、スケジュールにあるのをみてキャンセルしたのでした.. せっかく「景色の良い席をよろしく!」ってお願いしたら、「OK!予約したよ!」って返事きてたのに申し訳なかったなぁ。「3日後にイベントで Lantern に訪れるからその時楽しむよ!」って返事したら、「楽しんで下さい!」って返事きてた。。対応も素晴らしいですね。

指定時間に海上で催される光のショーを含む夜景を歓談しながら楽しくすごしつつ、お腹いっぱい食べて、体重リバウンドやばいよなぁとおもいつつ過ごしたのでした(0.4kg 増えているだけにとどまりました!!)。

今回は市内の地理を把握することも含めて、市内観光に2日当てました。
次回訪れるときには、セントーサ島のUSJや郊外などをゆっくり回ってみたいなぁと思いました。

2017年10月1日 @kimipooh