Knowledge for WordPress

Knowledge for Google Products

2017年12月25日月曜日

タイ旅行記 - 2017/12/19-22

今回は19日〜21日(翌22日に帰国)というかなり短い渡航になりました。
20日と21日は仕事のため、到着した19日の夕方にお土産を買いに行くことに。

10時50分過ぎに搭乗!


朝5時55分にMKタクシー来て、8時30分過ぎに関西国際空港に到着。
MKタクシー内で事前チェックイン(タイ航空 i チェックイン / 日本語はWebからのみ)したお陰で、スタッフに言って大渋滞なチェックインに並ばずに別のチェックインカウンター(特別 or ロイヤル/ビジネスの方)で荷物を預けることができました。この手続はわずかに数分程度。半券が必要なので、チケットは紙でもらっておく。

 

朝食は、関西空港3F の杵屋(口コミ)で梅とワカメのうどんを食べました(左の写真)。昼食は、もちろん機内食。チキンがかなり辛くてお腹の調子が....

9時30分にはゲート前にきたので、ガムとアメを買って、関西国際空港のフリーWi-Fi(Web認証)を使った。Web認証が曲者で、iPhone の方は、http:// なサイトに接続しないとWeb認証でなかったな(サイトにアクセスできませんと)。Kyoto Wi-Fiも同じだったので、ブックマークにいれておいてよかった。同じことがタイのホテルでもあったので、http:// サイトを探して1つはブックマークにいれておくとよいでしょう。

整備確認による遅延が4度ほど続いたのち、10時50分すぎに搭乗。
今回は通路側なので、トイレを気にせずにすむのがよかった。

少し寝て、ヘッドフォンをもらって柿ピーをつまみながら、ワンダーウーマンをみた。

15時30分すぎにバンコクへ到着!


早速 WiMAX 2+ の機器「Speed Wi-Fi NEXT W04」にAmazonで購入していたタイ用SIMを差す。設定は、以下の通り。この機器ならAPNさえPCから設定しておけば、APNは機器の画面から操作でるので便利!また、SIMを交換してから、通信モードを「ハイスピードエリアプラスモード」に変更すると使える(必ず現地でのみハイスピードエリアプラスモードを使うこと。WiMAX用 au SIMをいれたまま、ハイスピードエリアプラスモードにして一度でも通信が発生すると、その月は WiMAX回線が利用不可になって au LTE回線かつ 7GB縛りが発生してしまうため。日本に帰るまえにハイスピードエリアモードへ変更しておこう!)


  • プロファイル
    • 名前: AIS(なんでもいい)
    • APN: internet
    • ユーザー名: 空欄
    • パスワード: 空欄
    • 認証方式: CHAP
SIMをさしてプロファイルを上記に切り替えたら、問題なく使えた。

498円で、4Gを7日間速度低下なしで使えって凄い。
それから一日使ったが、Googleマップなどの表示は少し遅いなと思うが、問題なく使えていて快適!この値段だったら、現地空港でSIMを購入するより安いと思いますし、なにより時間が取られなくてすむのは大きい。
あと電話も使えるSIMをAmazonで購入(580円!)して、手持ちあるSIMロックフリーなWindows Phone(ドスパラ)も持っていったのですが、こやつ充電していたつもりが放電状態になっていて使えない。。。翌20日深夜に充電完了し、Network Settings から SIM 2 の APN設定を上記のようにした上で、Cellular Data を ONにすることでデータ通信もできるようになりました。ヤレヤレ。

レート


関西国際空港では、1バーツ = 4円でした。高い... 為替とかみてると円安が続いてますね T_T; タイのスワンナプーム国際空港では、1円 = 0.2665バーツ(約3.75円)でした。
Asok駅の両替では、1円 =0.29バーツのようだったので、空港ではあまり多く両替せずに街中(駅とかでもいい)で両替するのがよさそうですね!あとお土産屋によってはクレジットが使えない(ターミナル21地下のマダムヘンとか)こともあるので、すべてをクレジットでって思っていても、一万円ぐらいは両替しておいたほうがいいと思います。

意外と肌寒い



タイといえば常夏の国。暑いというイメージがありますが、建物やホテルの中は冷房が聞きすぎていて寒いこともあります。ただ今回は、機内からシャツと長袖になって出て、「あれ、肌寒いぞ!」って思いました。日中(15時30分頃)にも関わらずです。それからホテルについたのが17時ぐらいでしたが、その時点で外にでると、まぁ暑くもなく、寒くもなくでした。ただ上着は持っていったほうが良かったですね。あとで夕食に冷たい飲み物を結構のんで、「寒いぞ〜」って思いながらホテルに帰りましたし。

ホテル



 

今回、FuramaXclusive  Asok(デラックス) に宿泊しました。時期が12月の混んでいる時期だったのか二人用の部屋しかなく、11,000円/泊(朝食付き) でした。
  • バスタブあり
  • バスタオル、タオル、手洗いタオル、シャンプー、ボディーソープ、バスローブ
  • 歯磨きセット、ひげそりセット、石鹸あり
    ※フロントにいって、歯磨きセットはもらいました。備品は置いてなければフロントに聞いてみましょう。
  • ブロー(ハンガーのある戸棚にある)
  • 水 500ml 二本無料(冷蔵庫の外においてある)
  • ネットあり(Web認証 - 手渡されたカードキー入れに記載
  • アイロン、アイロン台

ノニ石鹸を求めて(買えなかった T_T;)


今回、お土産は石鹸にする予定でした。少し前にいったシンガポールで購入したアーユルベーダ石鹸が家族やお土産を配った人たちからすこぶる評判がよく、その在庫もあと2つを残しすのみになっていたのでした。これまでタイシルクや小物を購入してきましたが、タイでも有名な石鹸(マダムヘンやノニ石鹸)があるってことで、じゃあそれを!ってことになったのです。

マダムヘンは、ホテル近くのAsok 駅と直結しているターミナル21内にあるってことで、こちらはいつでもいけます。ならばとノニ石鹸を求めて、Surasak 駅近くのアパイプーベートに行くことにしました。しかーし、BTSの Siam (乗換)まで来て、ふと地球の歩き方をみたら、18時で閉店と書かれてるじゃないですか!!! 現地時間 18時30分、、、だめじゃん。。。ってなことで、急遽、Siam Center へ行くことに・・・。
それからターミナル21でマダムヘンの石鹸を購入してホテルに帰ることになったのでした。

Siam Center(サイアム・センターにて)









クリスマスの飾りで綺麗でしたね!写真をとる人たちも沢山いました。




最上階の BAAN YING Cafe & Meal で昼食を取りました。
シンガービールと、カニ・唐辛子・レモン入りのスパゲティをまずは注文。かなり辛かったです。。。ので、ココナッツシャーベットと、フライドポテトを追加注文。これ全部で 572バーツ(2147円)です。さすがにカニが入っていると高いですね!

BTS
  • Asok -- Siam = 30バーツ
  • Asok -- Surasak = 44バーツ
お札の入る券売機もありましたが、ほとんどはコインのみの券売機。コインがあまりなければ、50か100バーツほどを駅でコインに変えてもらっておくとよいと思います。
あと昔はなかったのですが、改札口がすべてICチップ対応になってました。

ターミナル21 のマダムヘンにて




Asok駅から直結しているターミナル21の地下にマダムヘンがあります。

 

 

子供用から小さいもの、その他いろいろな種類があり、5,6個の見本が置いてあるので石鹸の匂いを嗅ぐことができます。ここで普通のマダムヘン(下中央写真)を20個(1個 45バーツ)、クリスマスセット(右下写真の奥側)を3セット(1つ、150バーツ)、あと2種類購入して 1370バーツでした。少しディスカウントしてくれたのかなと思います。合計で 5000円を若干越えるぐらい購入しましたしね。



あとサービスでいくつかもらいました!!

ということで21時ぐらいにホテルに帰って、少しブログを書いてましたが、疲れて寝てしまいました。

12月20日 仕事の日


朝から夕方まで事務所で仕事でした。


朝食はホテルで、焼き飯を中心にオーソドックスな感じです。
気温は15度。外は涼しい感じです。タイで年に何度かしかない涼しい日だそうですね。


昼食は、事務所で食べました。
写真左:パシィーユ・センヤイ(タイの醤油を使った麺の炒めもの)
写真中央:ラープ(エリンギや豚肉とか、、東北タイ料理)
写真右:ケープムー(豚皮の素揚げ)

とかです。あまり辛くなくて(辛くないものをお願いした)美味しかったです。
いや辛いものも嫌いではないのですが、大抵帰りの機内でお腹を壊すので、明日の深夜便で帰国することから、マイルドな料理のみを食すことにしたのでした(でも結局お腹痛かったです.. 疲れているとダメなのかなぁ)

夕食も事務所で食べました。


写真左:トムカーカイ(ココナッツミルクと生姜とにんにく、キノコとかが入った白スープ)
写真中央:ゴーヤとか肉団子が入ったスープ
写真右:カイパロー(ゆで卵と豚肉を煮込んだ感じ)

12月21日 仕事&帰国に向けて



本日の朝食はホテルで白ご飯を食べました!


夕食は唐辛子を抜いた辛くないトムヤンクンです!
あとローゼルティを飲みました。酸っぱいらしいですが、味としては甘みがある感じでした。美味しいかどうかは、うーんという感じでした。


今回は初めて エアポートトレイン(ART)で帰ることにしました。Google Map をみると事務所から、ARTのマッカサン駅まで徒歩11分。しかしスーツケースを転がしていくのは一苦労でした。階段あり、歩道もデコボコ・・・・。しかも結構混んでました。

マッカサン駅(ART)



余裕を見て4時間半前の18時30分に事務所を出発。マッカサン駅には19時ぐらいにつきました。スワンナプーム国際空港まで35バーツ。安い!駅は広い!チケットはICチップの入った丸いチップみたいなやつでした。なくしそうで怖い。スワンナプーム国際空港で出る時に、IC部分に触れた上で、コインをいれるような場所があるのでそこに入れたら、改札があく仕組みです。

あっちの方へ並べ! 


電車は来るが大混雑で2度ほど見送り、そしてなんと「あっちの方へ並べ!」っておばちゃんに言われたじゃないですか。しきりにスーツケースを指差しては何かいってくるので、スーツケースをいる場合にはあっちへ並べっていっているのだろうということはすぐにわかりました。でも、30分は並んでたのにどういうこと?! どこに並んでも混んでるし、スーツケース専用車両があるわけでもないし、見渡しても特に並ばなければならない場所は決まっていないはず!?ってジェスチャーを交えて「並び直すのやだ!」っていってたのですが、他の外国人風の人も 「あっちにならばないと ダメだよ」と言ってくる始末。ようするにスーツケースを持っていたら後方の車列に並べってことか。そんなのどこにも書いてねーってある程度は粘ったけど、拉致があかないのと時間の無駄なのでスーツケースを持った人が並んでいる列に並び直す羽目に。結局5,6ぐらいの電車を見送って(いずれにしてもめちゃ混んでる)、1時間以上まってから乘ることができました。

混んでる理由は明白で、快速電車をやめて普通電車のみにしたから。エアポートトレインとかいいながら、現地の人の足になっているので混むのです。

空港についたのは2時間半前。じつに事務所を出てから2時間もかかりました。
マッカサン駅から25分ぐらいなんですけどね、空港まで。空港の2つ前ぐらいの駅までかなり混んでました。こんなことなら、BTSのパヤータイ駅(ARTの終点)からARTに乗ったほうが楽ですね。次からはそうしようかな。

スワンナプーム国際空港にて


空港には出発の2時間半前に到着。
チェックインカウンターは空いていたので、難なくチェックイン。
チェックインしてから出国まで、45分ぐらいかかりました。搭乗開始の1時間前ぐらいです。



お土産をみていたらシンガポールのお土産で有名なタイガーバームが売ってましたね (^^;
機内食は到着1時間半前に出てきました。いつもの通り、疲れからかお腹が痛いので、ミニクロワッサンとフルーツを少しだけ食べました。というより朝4時30分ぐらいに朝食でてきてもお腹減ってない....

事務所を出てから、関西国際空港につく時間経過は下記の通り。

  1. 18時30分 事務所出発
  2. 18時57分 ARTの乗り場に並ぶ
  3. 19時23分 並ぶ列が違うと言われる
  4. 20時過ぎ  電車に乘る
  5. 20時30分 空港到着
  6. 20時42分 チェックインカウンター到着
  7. 21時28分 出国
  8. 22時    ゲート近く
  9. 22時50分 搭乗
  10. 23時15分 出発
  11. 6時40分   関西国際空港到着

機内、関西国際空港からの乗り合いタクシー、帰ってから夕食まで爆睡してました。
今回は電車でいろいろあったこともあり精神的な疲れもあったのか、かなり寝てしまいました。相変わらず機内でお腹が痛かったのですが、家に帰って陀羅尼助を飲んだらすっと直ったのでした。

マダムヘン石鹸を使ってみて


早速マダムヘンの石鹸を使ってみました。メンソレータムの匂いがしますね。心持ち、肌がすべすべになったような気がします。泡は結構立ちますね!洗顔でつかったら顔がツルツルに鳴った感じです。いずれにせよ、ゆっくり風呂にはいって体も温まりました(日本寒い!!)

2017年12月22日 @kimipooh

2017年12月9日土曜日

【備忘録】Tux Paint が macOS High Sierra (10.13) で動かなくなって・・・(再び)

子供が使っている MacBookAir の OSバージョンアップしようかなぁと思ったのだが、Tux Paint という子供が使っているお絵かきソフト。手持ちの macOS High Sierra では動作はしますが、グラフィックがでない状態でした。


以前、Tux PaintがMacOS 10.10 (Yosemite) で動かなくなって・・・ という記事では、Download 0.9.22 test build 2013.11.18 を使って事なきを得ましたが、今回はどうでしょうか。

Xcodeのソースからコンパイルしようとしてみる


SDL系のライブラリのインストールや macOS 10.6 をベースに作られているので、いろいろ修正が面倒そう。だれかうごくようにやっていないかなぁって結構本格的に探したらありましたよ!!Mark K. Kimという方が用意してくれてました!!

0.9.23-macOS-20171126.zip


#206 OSX 10.11 not running Tuxpaint properly のバグ報告の中で、
に用意してくれていましたよ!!
これを使えば


のように起動しました!!
しかしまぁ、英語ですね。。。以前は日本語だし、アプリのパッケージ内には日本語リソースが入っています。となれば日本語化をしてみたいですよね!

日本語化

TuxPaint.app --> Contents --> Resources --> etc --> tuxpaint --> tuxpaint.conf

に設定ファイルがあります。

  • /etc/tuxpaint/tuxpaint.conf
  • /usr/local/etc/tuxpaint/tuxpaint.conf
  • ~/.tuxpaintrc

に置いたらいけるよって書いてますが、macOS High Sierra ではどれも読み込んでくれません。なので仕方なく、 --lang オプションを使うことにします。

  • tuxpaint --lang=japanese 

で日本語化できるみたいですね。

方法1)ターミナルから、 open -a TuxPaint 


方法2)AppleScriptで起動アプリを作成する


※こちらは、 open -a TuxPaintだけではダメで、
open -a TuxPaint --args '--lang=japanese'
が必要です。



なお面倒な人は、作ったアプリをGitHUBにあげたので使ってみて下さい。

ツールの使い方

※あらかじめ、Tux Paintはアプリケーションフォルダに入れておきます
  1. https://github.com/kimipooh/tuxpaint-ja よりダウンロード
  2. ダウンロードしたファイルを展開(解凍)
  3. TuxPaint-JA を右クリック(Control+クリック)で開く

右クリックが必要なのは最初に1度のみです。次からはダブルクリックで開きます。
するとほら!馴染みの深い日本語で表示されましたぞ!



2017年12月9日 @kimipooh